2017年1月30日月曜日

2017年・第1回・油壺・2017/01/29(日)

日時:2017/01/29(日)
場所:油壺
天気:晴れ、北東の風のち凪
潮回り:大潮
釣果(持ち帰り):カワハギ x9, マダイ x2
釣果(リリース):カワハギ(小)、軟体 x2

釣行時のボートの軌跡↓
https://sites.google.com/site/aburatsuboat/20170129


初黒板、の巻。

準備だけはずっと前からしていたのですが、土日かつ好天、という
条件がなかなか無くて今年の初釣りです。
カワハギとスミイカ狙いですが、念のためコマセも持っていきました。


5:14 家を出ます。1月は夜明けが遅いので、このくらいでちょうどいいくらい。


7:10 岸払い。潮はとても澄んでます。湾内は底が丸見えです。


湾の出口付近。ベイトフィッシュが大量に湧いてます。


マリンパーク下を流しながらアオリをチェックしますが反応なし。
北東の風が強くて、ボートが流される速度が速すぎるようです。

ほどほどにして沖にでます。
ところどころでスミイカ用のエギを落としてみます。

8:25 エギングの定番外道の軟体系。スミイカ用のエギをガッチリ抱いてます。


8:49 水深30mのところにアンカーを落としました。


9:19 カワハギ(小)


9:24 カワハギ(小)。いいペースでカワハギが釣れますが、どれも小さい。


10:03 カワハギ(大)。ようやくいいサイズが出ました。


スミイカ用のエギを遠投して放置してたら、貝殻を引っ掛けてしまいました。と思ったら中身は軟体系でした。


潮が速すぎてNSは成り立たなかったので、ビシを出して放置してたら、強いアタリがでました。

10:43 マダイでした。49cm/1.8kg。立派です。釣ったというより、勝手に釣れてただけですが。。。


11:18 マダイ(小)。これも勝手に釣れてました。小さめだけどお持ち帰りさせていただきました。


11:45 お昼にオニギリとお味噌汁。


獲物は十分なので、これで撤収を決めたのですが、アンカーが上がらなくなってしまいました。
風上に漕ぎ上がっても駄目。しばらく格闘しましたが、どうしても外れないので、ボート屋さんにレスキューして頂きました。
ご迷惑をおかけしてすみませんでした。


まとめ
 ・マダイの釣果を黒板に書いていただきました。うれしいな。
 ・スミイカが不発
 ・カワハギは相変わらず鉄板

【釣行】2016年釣行記録まとめ

【釣行】2016年釣行記録まとめ

2016年・第1回・油壺・2016/03/05(土)
http://nen12boatfishing.blogspot.jp/2016/03/2016120160305.html

2016年・第2回・油壺・2016/04/23(土)
http://nen12boatfishing.blogspot.jp/2016/04/2016220160423.html

2016年・第3回・油壺・2016/05/28(土)
http://nen12boatfishing.blogspot.jp/2016/05/2016320160528.html

2016年・第4回・油壺・2016/06/11(土)
http://nen12boatfishing.blogspot.jp/2016/06/2016420160611.html

2016年・第5回・油壺・2016/07/18(月)・海の日
http://nen12boatfishing.blogspot.jp/2016/07/2016520160718.html

2016年・第6回・油壺・2016/07/30(土)
http://nen12boatfishing.blogspot.jp/2016/07/2016620160730.html

2016年・第7回・油壺・日時:2016/10/02(日)
http://nen12boatfishing.blogspot.jp/2016/10/2016620160730.html

2016年・第8回・油壺・日時:2016/11/13(日)
http://nen12boatfishing.blogspot.jp/2016/11/2016820161113.html

2016年・第9回・油壺・日時:2016/11/20(日)
http://nen12boatfishing.blogspot.jp/2016/11/2016920161120.html

2016年12月3日土曜日

油壺専用・潮汐グラフ

釣行はもっぱら油壺なので、油壺専用の潮汐グラフを作ってみました。

https://sites.google.com/site/d3tidedemo/home



2017年の潮位データは「国土交通省 気象庁」様から頂きました。

http://www.data.jma.go.jp/kaiyou/db/tide/suisan/index.php


日の出・日の入のデータは「国立天文台」様から頂きました。

http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/dni/


月齢データは「こよみのページ」様から頂きました。

http://koyomi8.com/

月齢はこよみ式で表示しています。
(大潮・小潮以外の月齢に明確な定義がないことは、こよみのページで初めて知りました)

2016年11月23日水曜日

2016年・第9回・油壺・日時:2016/11/20(日)

日時:2016/11/20(日)
場所:油壺
天気:晴れ
潮回り:中潮
釣果(持ち帰り):カワハギ x8, モンゴウ x1
釣果(リリース):

釣行時のボートの軌跡↓
https://sites.google.com/site/aburatsuboat/20161120


続・カワハギ釣りが楽しい、の巻。

天気が良かったので、2週連続です。

4:55 家を出ます。朝の気温9度。冬の装備で出かけましたが、結果的にはこれが失敗。暑かったです。



7:21 岸払い。


うねりが残っていて、浅いところには近寄れません。水深10メートル付近にアンカーを落としました。



すごい量のベイトフィッシュです。潮が澄んでいるのでよく見えます。イワシっぽいような?
時々ボイルがたつので、シーバスか何かがいそうです。

残念ながら、エギにイカの反応はなく。即移動です。


9:10 水深34メートル付近。


ビシとNSを出してみます。
ここにはフグがいますが、タイがいそうな雰囲気もあります。

我慢に我慢を重ねた結果、何も釣れずw

さらに深いところに行くか、浅いところに行くか悩みましたが、浅い方を選択。

11:21 水深22メートル付近。


お持ち帰りが何もないのも困るので、カワハギ仕掛けを落としてみると、いい反応が返ってきます。



カワハギ釣りを楽しんで、結局8枚をお持ち帰り。
ビシとNSは、うーん、反応なし。

近くを流してたエンジン付きのプレジャーボートでモンゴウイカを釣ってるのを目撃。
すごい勢いで墨を吐かれて、ボートの外側が真っ黒になってましたがw

帰りがてらティップラン用のエギを落としてみると、いました。モンゴウさん。もう海の中も冬っぽくなってきたのかも。


まとめ
 ・やっぱりカワハギ釣りが楽しい
 ・モンゴウは墨とヌルヌルが凄すぎてお持ち帰りをためらうけど、食べればうまい

2016年11月15日火曜日

2016年・第8回・油壺・日時:2016/11/13(日)

日時:2016/11/13(日)
場所:油壺
天気:晴れ 凪のち南の風
潮回り:大潮
釣果(持ち帰り):カワハギ x12, ヒラソウダ x1, イカ x1
釣果(リリース):アイゴとかサバとかチャリコ

釣行時のボートの軌跡↓
https://sites.google.com/site/aburatsuboat/20161113


カワハギ釣りが楽しい、の巻。

いつでも海に出れるように準備していたわりに週末の天気がいまいち優れず、1ヶ月以上、開いてしまいました。
季節はすっかり冬っぽくなって、久しぶりに出した防寒ウェアは少々カビが生えてました。

4:50 家を出ます。ちょっとだけ早めに家を出ましたが、それでも6番目でした。この時期は人気です。



7時くらいに岸払いでした(写真が消えた)。


最初はエギでイカを狙います。
マリンパーク下の水深8メートル付近、狙ってた場所に入れました。

1投目。
シャクった瞬間にラインが高切れ。がっかりです。どうもこのPEラインとは相性が良くないようです。
リーダーを結び直して、幅広く探ってみますが、無反応。

早めに見切って移動しようと思ったのですが、どうにもこうにもアンカーが上がりません。
いつもなら風上側に漕ぎ上がって反対向きから引っ張れば抜けるのですが、今回はガッツリ根に入ってしまった模様。
仕方なく、ボート屋さんに救助を求めてしまいました。
ご迷惑おかけして申し訳ございませんでした。
とても助かりました。


浅場にイカはいなかったので、沖に向かって流される微風を利用してティップラン用のエギで流し釣りしてみました。


8:57 今シーズン初のイカ。足一本でかかってました。


水深17メートル付近。
エギをみると背中にがっつり噛み跡があるので、たぶんアタリに気づけてないだけで、他にも乗ってたのかも。
修行が必要な釣りだな、これ。


9:21 ちょっと浅めの17メートル付近に移動。ビシでマダイを狙ってみます。


9:38 チャリコ(リリース)。棚を探ってるうちに釣れたのですが、いかんせん小さい。


9:48 カワハギ。エサ取りが活発なのでカワハギ仕掛けを落としたら即アタりました。





9:58 良型カワハギ。テンション上がります。


この後もいい感じにカワハギがかかります。
仕掛けを底に寝かせてからピッとあげると、ガンガンガンっとかかってきます。
一日を通してほとんどこのパターンで釣れました。いや、これ楽しい。


10:48 ビシにいいアタリが出たと思ったら、残念。アイゴさん。


10:53 再びタナを探ってるうちに、チャリコさん。大きいサイズのタイはいなそうなので場所を移動します。


11:18 水深30m付近。


11:24 カワハギ。ここもエサ取りの活性が高くて、カワハギ仕掛けを落とせばハズレ無しでかかります。

ビシの方はといえば、こんなのしか釣れず。


午後になって南の風が吹いてきたので、ティップランしながら戻ってきたものの、肝心のアタリが取れず。

結局、カワハギはトータル12枚をお持ち帰り。
ビシはヒラソウダが1匹釣れただけでした。ヒラソウダはもっと釣りたかったな。


まとめ
 ・カワハギ釣り楽しい
 ・次は深めの場所のイカをなんとか攻略したいな